【JavaBronze】ややこしい申し込みから勉強方法、結果確認まで

せっかくJavaを少し学んだので、オラクルのJavaBronzeを受験しました。
申し込みも結果確認もややこしかったので、まとめます。

申し込み方法

以下のブログを参考にしました。

ただ、② Oracleアカウントを作成 のリンクは古い感じなので、下のが正しいかなと思われます。
このリンクも飛べなかったら結果確認の章のPDFの説明あたりから飛んでみてください。

また、この方は会場受験だったようですが、私はオンライン受験を選びました。

オンライン版は申し込んでから48時間受験可能です。

受験申し込みの際に受験料を支払いますが、私は楽天でチケットを購入してチケット番号を入力しました。
定価が税込み14,960円のところ税込み13,860円+ポイント付与なので、お得でした。(2020年5月現在)

この電子チケットです。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ピアソンVUE専用】Oracleオンライン試験用受験チケット(電子チケット)
価格:13860円(税込、送料無料) (2020/6/1時点)

楽天で購入

 

 

午前9時半くらいに購入したのですが、お昼までにはメールで届きました。
基本土日も営業しているようですが…定休日には注意です。

定価より安い上にポイントまでついて1500円くらい安く受験できました。
定価、税抜き価格で載っているんですよねー…

会場受験用のチケットと、オンライン試験ようのチケットは違うので注意!!

JavaBronze, 申し込み
チケットのコードを入力すればOK
もし再受験無料キャンペーンのコードがあればそれを先に入力。
両方適用できるので大丈夫。

勉強方法

私はいわゆる白本と呼ばれる参考書だけで挑みました。
(これね↓)

 

定価だと高いので、メルカリで購入しました。

勉強方法としては3日間ほどかけて白本を2周程度しました。
特に他は何もしていないです。

結果は72%で合格できました。(合格ライン:60%)

※私のスペック
・Javaの経験:新人研修の2か月ちょっと
・他の言語の経験:PL/Iちょっとだけ(1年足らず)
・基本情報・応用情報一発合格

結果確認方法

試験を受けた翌日、

You’ve earned a badge from Oracle
JavaBronze 合格

と書かれたメールが届きました。
ちょっと英語なので自信がなかったのですが、合格したようです。

結果が見れるほうのアカウントを作成して1日しか経っていませんが、ログインできるかどうか試してみることにしました。

ログインページがどこかは色々サイトを探しましたが、このPDFを参考にしてなんとかたどり着きました。
登録作業したはずなんですけどね…

このPDFにあるリンクをクリックすると、
JavaBronze

もしこの画面になったらさらにクリックして
JavaBronze

たどり着いたのがこのページです。

まあそんなことをせずとも検索でたどり着けるのですが…

ユーザー名は登録したメールアドレスです。

初回ログイン時にはアカウント連携のためにピアソンVUEのID(OCから始まるやつ)とメールアドレスを入力する欄が出てきます。

『試験結果』または『Results』から、『試験結果の合否結果を確認』または『Latest PVUE Exam Results』を選ぶとスコアレポートが表示されます。

まとめ

試験を受ける方のログインページ:

試験を見る方のログインページ:

試験のチケットは楽天で買うとお得だよ。

 

白本だけの試験勉強で合格できたよ。

 

以上です。

IT

Posted by 佳純