応用情報技術者試験(AP)に一発合格したので勉強法など

IT企業1年目の新人が秋の応用情報技術者試験に合格したので、その所感を残しておきます。
合格証が届いてから書いているので、受験から多少(3ヶ月くらい)経っていますが…

[類似1] ITパスポートをとった話↓

[類似2] 基本情報の午前免除試験をとった話↓

受験背景

基本情報技術者試験には春に合格したばかりで、出題範囲が被っていることが多いことや、
モチベーションもそこそこあるうちに受けてしまおうと思ったからです。

あと新人の方が勉強時間ありそうだし、受けるなら早めがいいかなーと思ったのもあります。

応用情報の勉強法

主にアプリ応用情報技術者試験ドットコム(以下応用情報.com)というサイトを利用しました。

午前試験対策

勉強に使用したもの・・・

  1. アプリ
  2. 応用情報.com
アプリはこれ

二つの違いは、

  • アプリはスマホで使いやすい
  • 応用情報.comは問題数(過去問収録年数)が豊富

です。

基本情報に合格したばかりだというベースもあるのかもしれませんが、
特に参考書は使いませんでした。

上記の二つは解説ついているのでそれで十分でした。

通勤中や寝っ転がりながらなど。

アプリではマネジメント系は特に集中してやりました。
理由は、問題数が少なくてやる気がでるから。

アプリにあるストラテジ系とマネジメント系は一通り正解できるように
頑張った記憶(とアプリの履歴)があります。

アプリの履歴↓

全ての問題
◎直近連続正解を除く
〇直近正解を除く
×不正解と未回答を除く  

うっかりアップデートしてしまったので受験した回が入っていますが。
全ての問題(480問・1枚目)の中で不正解と未回答(4枚目)は155問でした。詳しくは画像で。

テクノロジ系は問題数が多くてやる気にならないので、

テクノロジ系が問1~50までで計50問、マネジメント系が問51~60で計10問、ストラテジ系が問61~80までの20問で合計80問で構成されている試験
応用情報.com-試験の形式

6割で合格と考えると、もしマネジメント系とストラテジ系が満点(=30点・37%)なら理論上はテクノロジ系18問あっていれば合格・・・!しかも4択なので25%はとれるはず!

という心持ち(全部できなくてもいいから半分は頑張る)で勉強していました。

IT技術者としては未熟&経験薄なので、勉強しやすいところばかり勉強しました。

午後試験対策

勉強に使用したもの・・・

  1. 過去問題集
  2. 応用情報.com

アプリはないので過去問と応用情報.comで勉強しました。

試験の前々日と前日に。
前々日に始めて、これは午前の勉強をしっかりしていないと解けないと知り、午前の勉強も並行して行いました。

過去問は形式に慣れるためで、内容は午前の勉強だけで補った感じでした。

本は受験すると決めてすぐにブックオフで買いました。
(ブックオフでも高い・・・510円)

購入したのはこれ↓の2017年秋ver.

内容は応用情報.comで十分ですが(分厚い本(3cm弱)って解きづらい)、
スマホの画面で午後試験の長文には耐えられませんでした。

1問1答はスマホ、長文は紙が個人的にあってました。

アナログ(スマホやパソコンに触れない)な状況で解けるのも本のメリットです。

試験の感触と午後試験の感想

当日、早めに行ったら早すぎて広い会場2番乗りでした。
お手洗いなどを余裕もって済ませられるのはいいところ。

当日は用意されている席(受験番号)に対して出席者がだいぶ少なかったです。
さすがに半分以上はいたと思いますが、私は同じ机の人がこなくて嬉しかった記憶あり。

基本情報と違って午後試験が記述式なので、だいぶびびっていました。

でも実際に受けると選択式の問題も結構あって、記述式もある程度は国語の問題で、ということで
基本情報の午後試験と比べて難易度はあんまり変わらないように感じました。

ちゃんと午後試験を対策してきている人がどう思うのかは知りませんが、
午前に受かるような人は午後にも受かると思います。

午前試験を受かるくらい十分に勉強して、
なぜその選択肢を選んだかを言語化できるようにしておいて、
そして国語の問題が得意だったら・・・!

というか普通に基本情報の言語選択制の問題のほうが難しいような。

個人的にいつも試験では問題数を数えて1問当たりの配点を考えて落ち着くなんてことをやっているのですが、
意外と記述式のものの配点が低いことに気づきました。事前に勉強しとけよという話ですが。
(学校の試験って『記号1点・記述5点』とか普通にあるじゃん)

私は試験当日のお昼に知ったので実行していないけど、
午後試験は事前にどの選択問題を選ぶか考えてきたほうがいいらしいです。たしかに選ぶ時間はロス。

応用情報技術者試験について

基本情報と違うところは、午前免除試験がないことと、午後試験が記述式であることです。
午前免除がないのには衝撃を受けた・・・

それ以外はそんなに重要に感じなかったので…

知りたい人は公式ホームページ応用情報.comを見れば確実だと思います。

合格証が手元に届いて知ったのですが、
応用情報に合格すると高度試験の午前Ⅰ試験が2年間免除になるみたいです。

まとめ

  • 午前の勉強はアプリと応用情報.com、午後の勉強は過去問題集
  • 基本情報との違いは午後試験が記述式だが、別に恐れる必要はない

だらだらと書いているけどまとめたら・・・内容うすいような。
難易度は・・・基本情報に受かる人なら勉強すれば受かるんじゃないでしょうか。

そして大事なことを最後にひとつ。
これは一個人の経験によるまとめです。鵜呑みにしすぎず他の人の意見もたくさん参考にしてね!

おまけ

合格は嘘ではないよというスクショ

応用情報技術者合格

IT, 資格

Posted by 佳純