【MySQL Workbench】”mysqldump Version Mismatch” の対処法

mysqldump Version Mismatch

MySQL Workbenchでデータをエクスポートしようとしたときに”mysqldump Version Mismatch”というエラーが発生したのでその対処法を書きておきます。

エラー文の私的解釈

プログラミング歴半年未満の人(私)が作ったので信頼しないでください。

△! mysqldumpのバージョンが違うよ!

mysqldump.exe のバージョンは 8.0.14 だけど MySQL Server to be dumped のバージョンは 5.7.25 だよ。
バージョンが違うとうまくいかないかもだから、サーバーとmysqldump のバージョンを合わせてね。
設定は Preferences → Administrator →Path to mysqldump Tool だよ。

それでも続ける?

mysqldumpのありか

バージョンが同じのmysqldumpをインターネット上で新たにダウンロード(インストール?)しなくてはいけないと思いきや、すでにローカルにありました。
おそらくMySQLをインストールしたら一緒に入ってくるのだと思われます。

私は下記のフォルダの中の上から3分の2くらいのところにありました。特別保存先を変えたりはしていないです。

C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.7\bin

このなかの、mysqldump というファイルです。
右クリック→プロパティで確認すると、”ファイルの種類:アプリケーション(.exe)”というのがわかります。

ここではバージョンの正しいmysqldump があることを確認するだけでOKです。

MySQL Workbenchでの設定方法

エラー文に設定までのパスが載っていますね。

Preferences → Administrator →Path to mysqldump Tool

Preferences 場所 Workbench

Path to mysqldump Tool の欄は最初は空

ここの参照から先ほど見つけたmysqldumpを選択します。

C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.7\bin

mysqldump 場所

これで完了です。空だったPath to mysqldump Toolの欄にmysqldump へのパスが入力されていると思います。

IT

Posted by 佳純