チェスのオープニング ――イタリアン・ゲーム

こんにちは!

以前の記事(チェスのルールその1その②)でチェスのルールについては一通りご紹介しましたが、今回はチェスの定跡・序盤の指し方についてご紹介しようと思います=^_^=
定跡というのはもともと将棋の用語で、序盤(オープニング)の指し手におけるのようなものです。
定跡通りに指す必要はありませんが、定跡の前提となる考え方を理解することは指し手選びの指針として大いに役立ちますよ(*´▽`*)

さて、本日ご紹介するのは、イタリアン・ゲームと呼ばれる定跡です。
ちなみに、チェスでは駒の動きを、
駒の頭文字+動いた先の座標
で表します。
例えば、ルーク(Rook)がe2からe5まで移動した場合、
「Re5」と表記します。
駒の頭文字はそれぞれ「キング(King)」「クイーン(Queen)」「ルーク(Rook)」「ビショップ(Bishop)」「ナイト(kNight)」となります。
例外として、ポーンは数が多いので頭文字を省略、ナイトは頭文字がキングと被るので2文字目のNを使う、といった感じです。

前置きが長くなりました( ;∀;)
まず、こちらがゲームの開始局面ですね。チェスは白から先に指し始めます。

チェス、初期配置
初期配置

白の初手は、e2♙のポーンをe4♙に動かす手です。
1. e4
1. e4

チェスの初手は様々な手が考えられますが、e4♙はキングの前にあるポーンを動かす手なので「キングス・ポーン・ゲーム(King’s pawn game)」と呼ばれています。
この手の意味としては、
① ポーンを動かすことにより盤の中央を支配する
② ビショップ・クイーンが斜めに動けるように場所を開ける
といったものがあります。

オレンジの矢印が通っているところが白の支配しているマスですね。
駒の利き

例えばこの手に続いて白がd2♙のポーンをd4♙に動かすことができた場合、
白が支配するマスはこのようになります。
駒の利き2
盤の半分以上に白の駒がにらみを利かせている、という状況ですね。
この状況は黒としては避けたいので、1. e4♙に対する黒の初手はe7♟のポーンをe5♟に動かす、

1. …e5
1. …e5

このような手が指されます。
次に白がd2♙のポーンをd4♙に進めてきたら、黒はe5♟のポーンで取ることができますね!

さて、白としてはe5♟の黒ポーンが邪魔ですので、これを追い払うための手を指します。

2. Nf3
2. Nf3

この手はまず、
①Nf3♘と進出したナイトによってe5♟の黒ポーンを取り、次に白d2♙のポーンをd4♙に進める
ことを狙いとしており、それと同時に
②駒を中央に展開
して中央に対する白の支配を強化し、更にキングとルークの間の駒を無くすことで、
③キャスリングの準備
まで進めるという一石三鳥を狙った手です( *´艸`)

2. …Nc6
2. ...Nc6
これに対し黒はナイトをc6♞に跳ね、e5♟のポーンを守ります。
次に白がナイトでe5♟を取ったら、黒もナイトで取り返すことができますね( *´艸`)

3. Bc4
3. Bc4
そして白は、Bc4♗とビショップを中央に繰り出します。
この手は、
①f7♟のポーンを攻撃する
②キャスリングの準備を整える
という二つの意味を持っています。
f7♟f2♙)のマスはそれぞれキングしか守っていないので、他のマスと比べて守りが手薄なのです。
そして、白キングとルークの間のマスが空いたことにより、白はいつでもキャスリングが出来る状態となりました。

……と、ここまでが「イタリアン・ゲーム」の基本の形です。
たったの3手――チェスでは白黒合わせて1手とカウントします――ですが、チェスの序盤で大切な考え方が凝縮されているのです。

チェスの序盤において目標とすべきことは、

①盤の中央を支配する

②マイナー・ピース(ナイトとビショップ)を動かす
③キャスリングをする

この3点です。
これらの意味については、別の記事でご説明しますが、チェスの定跡は上記の目標を達成する、あるいは相手が目標を達成することを防ぐ
ための手の連続だといっていいでしょう。
……もちろん例外はありますが(*_*;

ご託を並べたところで、続いて基本形の後の進行をご紹介します!

3. …Nf6
3. ...Nf6
ナイトでe4♙の白ポーンを狙います。

4. Nc3
4. Nc3
白はナイトでe4♙を守ります。

4. …Bc5
4. ...Bc5
ビショップを繰り出し、f2の弱点を狙います。

5. O-O
5. O-O
白はキャスリングをし、キングを安全にしながらルークを動きやすくします。

5. …O-O
5. ...O-O
黒も同様です。

6. d3
6. d3
白はd2♙のポーンをd3♙に進めることで
①c4♗のビショップを守る
②e4♙のポーンを守る
③c1♗のビショップを動きやすくする
という3つを同時に達成します。

……といった感じで、あくまで一例ですが、

①盤の中央を支配する
②マイナー・ピース(ナイトとビショップ)を動かす
③キャスリングをする

の3つの目標を白も黒もきっちりと果たしていますね( ..)φメモメモ

ここまで長々と書いてきましたが、チェスの定跡は数えきれないほど多様で、当然ながらここで紹介していない手もいくらでもあります。
定跡は参考程度に、肩ひじ張らず楽しみながら指せるといいですね!