チェスのルール② ――特殊なルールとチェックメイト

こんにちは!

以前の記事でチェスの駒の種類と動かし方についてご説明しましたが、
実はご説明しきれていなかったルールがありますので、今回は特殊なルールについてお話ししたいと思います。
また、チェスの最終目的であるチェックメイト」についても、具体的にどういった状態なのかイメージしにくいかと思いますので
記事の最後で簡単にご説明いたします(^^)/

プロモーション(promotion)

さて、前回は各駒の動かし方をざっと見ていきましたが、もしかするといくつか疑問を持たれた方がいらっしゃったかも知れません。

たとえば
「ポーンは前方にしか進めない唯一の駒だけど、じゃあポーンが盤の一番奥まで進んでしまったらもう動けないの?」
あるいは
「将棋には成りがあるけど、チェスにはないの?」
とか……。

そういった疑問にお答えするのが、本日ご紹介する「プロモーション(昇格)」のルールです。
内容は単純明快、

プロモーション1

ポーンが盤の一番奥(赤く表示したライン)まで進むと、

プロモーション2

クイーン・ルーク・ビショップ・ナイトのうちいずれかの駒に成ることができます!

どの駒に成るかは自由に選べますが、大抵の場合は一番強いクイーンに成ります。

最弱だったポーンが、最終的には最強の駒に成れるなんてロマンがありますね(*´▽`*)

お互いの駒数が減ってきた後半では、ポーンの昇格を競い合うなんてことも多いです(^^)v
そのあたりの攻防を「エンドゲーム」と呼ぶのですが、それについてはまた別の記事で詳しく書こうと思います。

アンパッサン(en passant)

続いてもポーンに関する特殊なルールです。
さて、以前の記事でも述べましたが、ポーンは初期配置にいるときのみ「前に2マス」進むことができます。
これからご紹介するルールは、そんな「前に2マス」を行使したときのみのルールです。

たとえばこのように、黒ポーンが初期配置の状態に留まっているときに、1マスだけ進むと白ポーンに取られてしまうので……

アンパッサン1

白ポーンをかわして2マス! ……と行きたいところですが

アンパッサン2

なんと、白ポーンは黒ポーンが通過したはずのマスに行って、黒ポーンを取ることができるのです!

アンパッサン3

イメージとしては、2マス進んだポーンの残像を切る……みたいな( ´∀` )
ちなみにアンパッサンはポーンしか使えず、また相手が2マス進んだ直後しか使えません。

結構チェスのプレイに慣れた人でも、アンパッサンのルールをうっかりしてポーンをタダ取られ……( *´艸`)なんてこともしがちですので、
みなさまはぜひご注意を!

キャスリング(casteling)

続いては、キングルークに関する特殊なルールです。
将棋には「囲い」という概念があり、金銀を用いた様々な囲い方で王様を守りますよね。
チェスにおいてその「囲い」に相当するのが、「キャスリング」というルールです。

具体的に図で見ていきましょう(^^)v

キャスリング1

このように、「キングとルークの間に他の駒がいない」とき、

キャスリング2

キングとルークの二つを同時に動かすことができます。

キャスリング3

逆サイドの場合でも、キングとルークの間に他の駒がいなければ……

キャスリング4

このように、一瞬にして駒の位置を入れ替えることができるのです!(*’ω’*)

動かし方は今ご紹介した図の二通りのみで、どちらも
①キングを盤の端側に2マス動かす
②ルークを盤の中央側・キングの隣に動かす
という原則になります。

また、このキャスリングというルールを行使するには3つ条件があります。

1つ目は、キャスリングするキング・ルークがまだ一度も動いていないことです。
ゲーム中に一度でもキングやルークを動かしていたら、もうキャスリングの権利は失われてしまう、ということですね。
ただし、ルークは2つありますので、キャスリングに使わないほうのルークを動かしていても問題はありません。

2つ目は、キャスリングするキング・ルークの間に相手の駒の利きがないことです。

キャスリング不可1

上の図では、キング・ルークの間に駒はありませんが、黒ビショップの利きが通っていますね。
このような場合、キャスリングすることはできません。

3つ目は、キングがチェックされていないことです。

キャスリング不可2

図のように、キングが相手の駒からチェックされているような状態では、キャスリングはできません。

細かな制約もあって少々面倒に思えるかもしれませんが、
キャスリングは条件が整えば2つの駒を同時に動かせるというかなり便利な技ですので、是非とも活用していきましょう!

チェックメイト(check mate)

さて、チェスの最終目的である「チェックメイト」ですが、将棋などの類似ゲームをやったことのない方はこれまたイメージのつきにくいものかも知れません。

簡単に言うと、チェックメイトとは
①キングにチェック(王手)がかかっており、
②そのチェック(王手)を解消することができない状態
を指します。

具体的な状況を見てみましょう。

下の図における赤いマスが黒キングの動ける範囲です。
この状態では、黒キングはチェックされている状態ではありませんね。
また、黒キングの前方3マスは白クイーンによって睨まれていますが、左右の2マスは自由に動けます

したがって、この図では黒キングはチェックメイトされていない、ということになります(^^♪

チェックメイト1

続いて下の図です。
ちょっと見づらいですが、先ほどの図から白クイーンが黒キングの正面まで移動しています。
この状態ですと、まず黒キングはチェックされていますね。
そして、黒キングの移動範囲はすべて白クイーンによって抑えられているので、どこにも逃げ場がありません

チェックメイト2

つまり、この図の黒キングは「チェックメイトされている」ということです!

少々回りくどい説明になりましたが、チェックメイトがどういったものか何となくイメージはつきましたでしょうか?(‘ω’)ノ

ステイルメイト(stale mate)

そして、初心者の方がチェックメイトを目指すうえで陥りやすい罠が「ステイルメイト」という状態です。

ステイルメイトとは「次に指せる合法な手が一つもない状態」を指します。
……わかりにくいですね(*_*;

実際に図を見ながら説明していきましょう!

下の図で、次が白の番だとします。
この時、白のクイーンが矢印のように左に2つ動いたとします。

ステイルメイト1

すると、黒キングの移動範囲は全て白クイーンの利きが通ることになります。

ステイルメイト2

チェスにおいて、キング自らが自殺をするような手は禁止されています。
また、パスをすることもできません。

……したがって、図の状態で、黒は次にどこに指すこともできません

黒がどこにも指すことができない以上、ゲームが進行できないので、「引き分け」になってしまいます。
これが、ステイルメイトの状態です。

せっかくチェックメイト寸前まで追い詰めたのに、一手のミスでステイルメイトの引き分けに……なんてことも初心者のうちは多々ありますので、皆さんも気を付けましょう(=゚ω゚)ノ

一手詰問題(Mate in 1)

さて、チェックメイトをご理解いただけたとことで、一つ問題を出してみようと思います!
下の図であなたは白番です。1手でチェックメイトさせてください!

一手詰問題(Mate in 1)

……いかがでしょうか。
正解は下図、白ルークを一番奥に進める手でした!
黒キングはチェックされた状態で、逃げ場がありませんね!

解答

ちなみにこういった盤の一番奥でチェックメイトすることを「バックランクメイト」といいます。
初めてで解けた方はセンスがあると思いますので、チェスを始めてみてはいかがでしょうか!笑

なんなら私がお教えしますよ(=゚ω゚)ノ
……とか言えるほど私も強くはないのですが笑

以上、チェスのちょっと特殊なルールの説明でした!
ここまで理解出来たら、チェスのルールに関してはだいたい完璧かなと思いますので、
この記事を読んだ皆さんもぜひ一局、チェスを指してみてください(*´▽`*)

ではまた!